手直し工事も気持ちよく。

 

 

 こんにちは。プランナーの石川和幸です。

 今日は漆喰の塗り壁の手直し工事に左官屋さんと行ってきました。私のミスで壁に傷をつけてしまうという大惨事を起こしてしまったからです。(涙)

 何度も左官屋さんに行かせるわけにはいかないので、自分でパテを準備して下塗りだけは事前に済ませておきました。本職の方にはかないませんが、なんとか上手に下塗りは出来たかなと私は思っています。

 

 さて、左官屋さんに来ていただいて、上塗りをして頂きました。しかし、さすがプロ!ともいうべき鮮やかな腕前!見る見るうちにきれいに周りと違和感なく仕上げられていきます。

 私も内心良かった~とほっと一息。しかし、コテの使い方とか仕上げ方とか全然違うわ。当然ですが・・・。とてもきれいに出来て安心しました!

 

 

 

 

 コテと言っても何種類もあるんですよね。トラックにわんさかコテが大切にしまわれていました。

 

 私も設計としてペンとか沢山持っていました。最近はCADでの仕事が増えてきてあまりペンとかコピックとか使う事は少なくなってきましたが、それでもゾーニングは鉛筆でするようにしています。

 なんで鉛筆?と思われるかもしれませんが、なんとなく気持ちが乗るんですよね。そういうのってありますよね。昔から鉛筆でぐりぐりゾーニングを教わってきましたから。

 

 ・・・という事で、無事に終了。左官屋さん。本当にお疲れ様でした。そして、私が原因で余計なお仕事を増やしてしまい申し訳ありまん。以後気をつけていこうと思います。

 

 最後までご一読頂きありがとうございました。

 プランナー 石川和幸