二重三重のチェック。

 

 

 こんにちは。

 プランナーの石川和幸です。

 

 今日は現場に行ったり、銀行に行って仮審査の手続きに行ってきたりしていました。

今回は足利銀行にて住宅ローンを申し込みます。そのために必要な書類など、行員のかたと打合せに行ってきたのです。住宅ローンを申し込むにはいろいろな書類が必要になってきます。場合によっては、お勤めの会社にお願いしないと取得できない書類なんかもあったりしますので事前に調べておきましょう。

 余談ですが、よくある話で「勤続証明」。保険証などで勤続年数を証明したりするのですが、辞めたわけではないのに会社都合で勤続年数が短くなってしまうことがたまにあります。(合併や社名変更など)

 勤続年数は非常に重要なポイントですので、会社の事務員の方にお願いして頂き、発行してもらう必要が出てきます。ただ、そこでよくあるのが「発行は大阪の本社から」とか「東京の本社」などえらく時間がかかる事があります。勤続年数は保険証の加入日を元にしますので、覚えている勤続年数と加入日がえらく異なる場合は注意しましょう!

 

 余談でしたが・・・

 

 さて、そんなこんなで事務所に帰ってきたら図面がおいてありました。次回、ご契約となる方の図面のチェックバックです。図面も見る立場の人間によっていろいろ見方が違います。監督やインテリア。それぞれの立場に立った注意点を水平展開し、未然にミスを無くすようにしています。

 注文住宅の場合、車など工業製品のような大量生産品とは異なり1棟1棟設計して作っていくものです。ですので、同じミスは繰り返さず、且つ新しいミスを未然に防ぐという努力が毎回必要になってきます。

 それが注文住宅の難しさであり、そして楽しさでもあるんでしょうね。みんなでチェックしあって、進めていく。これが出来る工務店かどうか。大切なところですね!

 

 チェック有難うございました!図面訂正宜しくお願いします!(^_^;)

 

 

 最後までご一読頂き、有難うございました。

 プランナー 石川和幸