この時期の土木工事は雨に振り回されます。

 

 

 こんにちは。

 プランナーの石川和幸です。

 

 清原台のお宅に訪問してきました。外構工事はどう進んでいるかな~と気になったので。あれ?あまり進んでいない・・・?奥様に聞いてみたら、アプローチのタイルを選ぶのに相当時間かかっちゃって!1週間半のびちゃいました!だそうです。上の写真のアプローチですね。でも時間かけて選んだだけあって、とても素敵なタイルですね!

 今日は雨(降ってはいなかったけど)の予報で、工事はお休み。栃木市の基礎工事も同じく雨の為調整しているみたい。この時期は雨により土木工事は左右されやすいですね。しかし、雨降って地固まるとも言います。しっかりと基礎や外構工事を進めて下さいね!

 

 

 

 

 巨岩が駐車場まわりに配置されています。完成時には岩の間に植物が植えられている予定です。

はじめて巨岩を見たときはびっくりしましたが、とても優しくて丸みのある演出。出来上がりが楽しみです!ご近所さんにもどんな駐車場ができるのか楽しみと評判のようです!

 

 

 

 

 そのお宅から車で5分。7月着工予定のお客様の現場に来ました。境界協定は終わっているようで、境界杭もきちんと入ってました。こちらの現場はとにかく高低差があります。お家の工事の前に高低差を解消する土木工事を初めに行う予定があります。

 この辺は土木工事にそれなりにお金がかかりそうですね。土地を選ぶ段階から提案はしていますので、問題はありませんが。普段の生活で車の乗り入れなど手間がかかると大きなストレスになります。気持ちよくお家まで行き来できるように、この時点での外構の提案は重要です。

 

 

 

 

 上ののぼってみてみると、このような風景になります。気が生い茂ってよく分からないのですが、木の向こうは崖になっていて、遠くの山々まで一望できます。この眺望を気に入って購入されました。

 リビングにいながら、この風景を眺められたら素敵ですよね!そんなお家を提案中です。

 

 

これから、栃木市の現場に向かいます。

最後までご一読頂き、有難うございました。

 

プランナー 石川和幸