省エネと創エネ


 こんにちは。

プランナーの石川和幸です。

 

 

 ゼロエネ住宅(ZEH)という言葉が大きく取り上げられています。

ZEHとは簡単にいうと、ゼロエネルギーハウスに対する補助金制度の事をいいます。

 

 ゼロエネルギーハウスとは、使うエネルギーから(省エネ+創エネ)を引いて年間の1次エネルギー消費量(冷暖房・照明・家電・給湯など)がネットでゼロになる住宅をいいます。

 それでは省エネと創エネとは何か説明いたします。 

 

 地球温暖化防止で始まった住宅の省エネルギー化は日々進化していっています。日常の生活においてもクールビズであったり、電力消費を抑える商品などいろいろな場面で省エネルギー化は進んでいます。

 エアコンの設定温度を上げたり、電源はこまめに切ったり、消費量を可視化できるようにしたり、日常の生活の中でも省エネの手助けとなるよう皆さん頑張っています。

 

 が、一つ言えるのは「快適性を損なう省エネは続かない」という事なんです。省エネのために苦しい思いをして、汗だくになって仕事をするというのは逆に非効率な話かもしれませんし・・・。

 そこで、ゼロエネルギーハウスでは単に省エネで何とかしようという考えから、エネルギーの創出を目指し±0にしようという新しい考えが生まれました。

断熱化

外気に接する部分に断熱材を施します。高性能の断熱材、施工を行う事によって住宅を魔法瓶のように外気をシャットアウトします。

えエネルギーロスが少なくなります。

パッシブデザイン

自然の力を取り入れ、太陽光や風通しなど上手に工夫することで、無駄を省く室内環境を目指す事。

高効率設備

高効率給湯器やLEDなど最新設備を設置することで、電気またはガスエネルギーの熱効率を高め無駄をなくします。

創エネ

太陽光発電やエネファームなどの設備を設置して家庭でエネルギーをの創出を目指します。

 

 

 省エネは「断熱化・パッシブデザイン・高効率設備」を総称したものであり、創エネとは「太陽光・エネファームなど」といった自家発電の事をいいます。

 省エネは性能や設備投資といった話だけではなく、自然環境をうまく利用した住宅設計も必要になってきます。ただお金をかければいいという訳ではありません。依頼する業者選び(担当者)も非常に重要な要素の一つになってきます。設計士の話に耳を傾け、力のある設計士かどうか見極めて下さいね。

 

 補助金もでますので詳しくはホームページなどご覧ください。

 

 地球に優しく!

 

 

 最後までご一読頂き、有難うございました。

 

 

 

アオイホーム建築設計事務所

代表 石川和幸

二級建築士/住宅ローンアドバイザー

〒329-0434

栃木県下野市祇園2丁目15-1(4-108)

 

 0285-38-9450

📠 0285-38-9451

 ishikawa@aoihome.net

📱 080-3533-2200

💻 www.aoihome.net

➡直接メールでのお問い合わせはこちら