電気が届かない土地。


 こんにちは。

プランナーの石川和幸です。

 

 

 今どき電気が届かない土地ってあると思いますか?山奥ではありませんよ。住宅地で。

あるんですよ。私の土地がそうでしたから・・・(-_-;)

 

 私が購入した今の土地は30年以上前のJAの分譲地の一画でした。

元々嫁が住んでいた所で、実家の隣の土地が空いていたんです。

そこを購入して家づくりが始まりました。

 

 

 ある程度進んできたところで、電気屋さんより連絡が来ました。

 

「電気が届かないです・・・。」

 

「はっ!?」

 

 勿論道路には電柱があり、実家にも電気が通ってます。それでうちには届かないというのはどういう事?

調べてみると、よくよく見てみれば隣の実家は道路からではなく、裏の敷地を通って裏のお宅から電線を引っ張っていました。なぜそんなことに。

 

 前の道路と言っても、旗竿状の土地ですので、道路から家まで結構距離があるのです。なので、昔は裏に建っていたお隣さん家を経由して電気を引っ張ってきたみたいですね。強引ですね。今では考えられません。

 

 ちなみに敷地の途中に電柱を建てれば問題は解決なんですが、自分の家の為だけに電柱を建てるのは、個人の負担になってしまうのです。

 逆に複数のお家の為に電柱を建てるのは東電さんの負担になるようです。

 

 うーん。油断していた。どうしよう。ちなみに電柱建てると20万くらいかかるとの事。痛すぎる・・・。

  

 という事で、必死に考えた結果、隣の実家にもそこから電気を引き込むという事で東電さん負担で電柱を建てて頂くことになりました。

 

 たまにありますよ。電気が届かない土地。注意しましょう。 

 

 

 最後までご一読頂き、有難うございました。

 

 

 

アオイホーム建築設計事務所

代表 石川和幸

二級建築士/住宅ローンアドバイザー

〒329-0434

栃木県下野市祇園2丁目15-1(4-108)

 

 0285-38-9450

📠 0285-38-9451

 ishikawa@aoihome.net

📱 080-3533-2200

💻 www.aoihome.net

➡直接メールでのお問い合わせはこちら