気をつけよう。保証人について。

 こんにちは。

 

 

 

プランナーの石川和幸です。

 

 

 

 大きなお金を借入する時に、保証人という言葉が出てきます。

今回は保証人について説明させて頂きます。

 

 

* * * *

 

 先日、住宅ローンの仮審査をするうえでこんな話がありました。

『じつは、親の住宅ローンの保証人になっているんですが…』

 

 

 たまにこういう話あります。

 

 

 では、そのようなケースの場合どうなるのか?住宅ローンは一人に対し一本しか借りることは出来ません。ですので、どなたかの住宅ローンの保証人になっている場合は新規に住宅ローンを借り入れすることは出来ないのです。

 ですので、まずは保証人についている住宅ローンからどうにかする必要があります。この辺は直接金融機関とのやり取りになりますので、担当者に一任するなり対応していく事が必要となります。

当然ですが、そう簡単には保証人は外してくれませんのでいろいろと協議が必要となってきます。

 

 

 

 とはいうものの、実際にはこういうケースはあまりないのですが。

しかし、収入を増やし借入額を多くするために夫婦で合算するケースはよくあります。夫婦であればそんなに問題はないと思いますが、親子での合算は要注意ですね。特に、子供のためにと安易に収入合算(=連帯保証人)になってくれてしまう親御さんも多いです。きちんと将来のリスクをきちんと説明したうえで同意を頂いた方が宜しいかと思います。

 

 

 

 夫婦であればともかく、以外での連帯保証人はなるべくなら避けた方が良いかもしれませんね~。何事も。注意しましょう。

 

 

最後までご一読頂き、有難うございました。

 

 

 

アオイホーム建築設計事務所

代表 石川和幸

二級建築士/住宅ローンアドバイザー

〒329-0434

栃木県下野市祇園2丁目15-1(4-108)

 

 0285-38-9450

📠 0285-38-9451

 ishikawa@aoihome.net

📱 080-3533-2200

💻 www.aoihome.net

➡直接メールでのお問い合わせはこちら