【重要】お住まい造りの進め方。

 こんにちは。

 

 

プランナーの石川和幸です。

 

 

 マイホームのご計画を進めるとき、どんな手順で進めていくもんなんでしょうか?

実はこれ…とても重要な話です。

 

 

 間違いのないご計画とする為にも、一度ご覧になってみてください。

 

* * * *

 

 1件のお家を建てる。新築するのであれば、多少の前後はあれどやることは一緒。では新築にあたってどのようなことをするのか簡単にご説明いたします。

 

  1. 展示場や見学会、セミナーなど情報収集
  2. 初回打合せ(ヒアリング)
  3. 銀行仮審査
  4. 敷地の調査、もしくは土地探し
  5. 完成宅、構造現場の見学
  6. プレゼンテーション
  7. 見積もり
  8. 意匠打合せ
  9. 銀行申込
  10. 諸官庁手続き
  11. 図面・意匠決定
  12. 地盤調査
  13. 地鎮祭
  14. 基礎着工
  15. 基礎検査
  16. 建て方(上棟式)
  17. 電気配線打合せ
  18. 雨仕舞検査
  19. 木完(大工さんの仕事完了)
  20. 竣工(完成の事です。)
  21. 竣工検査(社内・お施主様)
  22. お引渡し
  23. アフターフォロー・定期点検

 

 大体こんな感じです。

どこで建てても似たような感じだと思います。

 

 

 ところで、上記の流れの中で一つだけ欠けていることがあります。何か分かりますか?業者選定、つまり契約が無いんです。なぜ契約を書いてないかと言いますと…。

 

 

 ここが一番重要なところではありますが、業者によって契約のタイミングが異なるという所なんです。

 

 

 初期の段階で契約をお願いしてくる業者もあれば、ある程度煮詰まってから契約をお願いしてくるところ。キャンペーンもありますね。決算期などはとにかく大きなサービスがあり、この時期に契約だけでも!というケースはよくある話です。ひどいと間取りや金額も適当でとりあえず契約なんて話しもよく耳にします。

 

 

 まぁ、お住まい造りがうまく進めば問題はないのですが、とにかく早期の契約により、いろんなところでトラブルになる話も多々あります。

 

 

 折角のお住まい造りですから、自分の納得のいく形で業者を決めたいものですね!いずれのメーカーさんや業者さんで新築するとしても、どのような進め方で計画していくのか。早めに確認しておくことは大切です。

 

 

 私が推奨するのは「完全契約」。不完全な形での契約ほどあとでトラブルが発生します。トラブルを少しでも防ぐためにもじっくり打合せを進めたうえで契約をまとめましょう。

 

 

最後までご一読頂き、有難うございました。

 

 

 

アオイホーム建築設計事務所

代表 石川和幸

二級建築士/住宅ローンアドバイザー

〒329-0434

栃木県下野市祇園2丁目15-1(4-108)

 

 0285-38-9450

📠 0285-38-9451

 ishikawa@aoihome.net

📱 080-3533-2200

💻 www.aoihome.net

➡直接メールでのお問い合わせはこちら