下地って考えたことありますか?

こんにちは。

 

 

プランナーの石川和幸です。

 

 

お家の事を考えるとき、皆さんはどんなことを考えますか?

間取り?外観?インテリア?キッチンやユニットバス…?壁紙とか色とか、考えることは盛り沢山!!

 

 

…でも、下地について考えたことはありますか?

 

* * * *

 

 下地って分かりますか?その字のごとく、壁の中に隠れる下地です。

石膏ボードの下に隠れています。

 

 

 石膏ボードはビスが効きません。ビスを聞かせるために初めに下地を施工して後からビスが効くようにするのです。

では、どのようなところに下地が必要かといいますと…

 

 

  1. 階段の手すりを取り付ける場所
  2. タオルかけやペーパーホルダーなど取り付けるところ
  3. 壁掛けの鏡や時計など重量のあるものを壁に設置する場所
  4. 絵など飾りたい場所(重量のある場合)
  5. 壁掛けTVにしたい場合
  6. 神棚など設置したいとき

 

 

 などなど…。

あとで、ここにつけたい!と言われても下地が無いと取り付けられない事が多々あります。

 下地が無くてもビスが効くように出来る工夫もありますが、長年使う事を考えると、やはり下地があることに越したことはありません。

 

 

 どんなインテリアにしたいか。どんなものを飾りたいか。壁に取り付けたいか。分かっているのなら、初めに下地を施工しておいた方が良いですね。

 

 

 下地と同じように、床補強もあります。グランドピアノとか水槽とか本棚とか重量のあるものを置く場所にあらかじめ補強をしておきます。

ちなみに、あまりにも重すぎた本棚の為、古くからの家が傾いてしまい立て直すきっかけになってしまったお客様もいらっしゃいました。

 

 

 壁にせよ、床にしろ後々で困らないように下地を入れておくことは重要な事です。初めのうちに、しっかりと考えておくことが大切です。

 

 

最後までご一読頂き、有難うございました。

 

 

 

アオイホーム建築設計事務所

代表 石川和幸

二級建築士/住宅ローンアドバイザー

〒329-0434

栃木県下野市祇園2丁目15-1(4-108)

 

 0285-38-9450

📠 0285-38-9451

 ishikawa@aoihome.net

📱 080-3533-2200

💻 www.aoihome.net

➡直接メールでのお問い合わせはこちら